Topics:

00:00「バンクーバーで経験した忘れられない出来事は?」
03:58残業ゼロの国の働き方カルチャーショック
11:42東日本大震災で、カナダの政府がカナダ邦人にしてくれた事
16:04「海外でフリーランスで生計を立てるには?(ビザや収入面)」
18:04幸せな人生を歩むシンプルな方法
24:00サイバーセキュリティ技術で大注目!イスラエルの魅力

NOTES:

エストニアとは?

エストニア共和国は、北ヨーロッパの共和制国家。EUそしてNATOの加盟国、通貨はユーロ、人口は134万人。首都はタリンである。フィンランド、ロシアと共にフィンランド湾に面する3つの国の一つで、湾をはさみフィンランドから約90km南に位置する。また、バルト海東岸に南北に並ぶバルト三国の中で最も北の国でもある。国土は北はフィンランド湾、西はバルト海に面する。南はラトビア、東はロシアと国境を接する。面積は九州本島の1.23倍。地形は平坦で最高標高318m。国連の分類では北ヨーロッパの国である。(Wikipediaへのリンク

なぜエストニアは「一国総IT化」を目指すのか|高城剛「ストリートの社会学」Vol.26

イスラエルとは?

イスラエル国、通称イスラエルは、中東のパレスチナに位置する国家。北にレバノン、北東にシリア、東にヨルダン、南にエジプトと接する。ガザ地区とヨルダン川西岸地区を支配するパレスチナ自治政府(パレスチナ国)とは南西および東で接する。地中海および紅海にも面している。首都はエルサレムであると主張しているが、国際連合などはテルアビブをイスラエルの首都とみなしている(エルサレム首都問題)。イスラエルは、シオニズム運動を経て1948年5月14日に建国された。建国の経緯に根ざす問題は多い。版図に関するものではパレスチナ問題がよく報道される。(Wikipediaへのリンク

イスラエルの次世代テクノロジーを生む「9900部隊」出身者たち

LIFE SHIFT(ライフ・シフト)―100年時代の人生戦略

誰もが100年生きうる時代をどう生き抜くか。働き方、学び方、結婚、子育て、人生のすべてが変わる。目前に迫る長寿社会を楽しむバイブル。世界で活躍するビジネス思想家が示す、新しい人生のビジョン。みんなが足並みをそろえて教育、勤労、引退という3つのステージを生きた時代は終わった。では、どのように生き方、働き方を変えていくべきか。その一つの答えが本書にある。100歳時代の戦略的人生設計書。(Amazonへのリンク

  • 人生はより長く、健康になる。
  • エクスプローラー、インディペンデント・プロデューサー、ポートフォリオ・ワーカーという新しいステージが出現する。
  • スキル、知識、仲間、評判、健康、生活、友人関係、アイデンティティ、人的ネットワーク、オープンな姿勢が大事
  • 労働市場に存在する職種は、これから数十年で大きく入れ替わる。
  • 100歳になった自分がいまの自分をどう見るかを考える。
  • 男女の役割分担が変わる。質の高いパートナー関係が必要になる。
  • 数十年単位での役割の調整が必要。高度な信頼関係と徹底した計画が不可欠。
  • 各人のアイデンティティが変わっていく。

 

FACT CHECK:

日本のパスポートは「世界一」 ビザなし渡航180カ国・地域

英企業による「パスポートパワー」ランキングで、日本とシンガポールがドイツを抜き1位になった。ビザなしで渡航できる国・地域数で算出したもので、日本とシンガポールは180カ国に上り、最多だった。 photo 日本のパスポートは世界一 このほどウズベキスタンが日本とシンガポールのビザ無しで渡航できる国に追加され、ドイツの179カ国を抜いてトップになった。 日本とシンガポールの健闘の要因については、両国が平和的な商業国であり、ビジネスや投資への関心も非常に高い国であると他国から認められているからだという。

参考記事:「パスポートパワー」ランキングで、日本とシンガポールがドイツを抜いて1位に。(ITmedia ビジネスオンライン)

【JETRO】シリーズ「IT大国イスラエル」 ‐国家戦略で“スタートアップの聖地”に‐